北木石の匠 blog

日記

NIPPON石博2015

鶴田石材の河田です。
3月7・8日に日本石材産業協会主催『NIPPON石博2015』が、
東京都上野恩賜公園にて開催されました!
弊社社長と共に私もお手伝いをさせて頂きました。
7日の昼より参加させて頂きましたが、
東京へ到着した時にはあいにくの雨模様。
お客様は来られているかなと、不安を抱きながら会場へ・・・
石博1.jpg
そして、そこにはナント!
不安を吹き飛ぶほどのお客様がご来場されていました。
石博2.jpg
この石博では多くのイベントが開催されました。
全国の石屋さん協力のもと、日本の銘石を集めた
『ふるさとの石』のコーナー。
これほど多くの石が、一堂に集まる事は
滅多に無いことなので、お客様以上に石屋さんが
食い入るように見ていたのが印象的でした。
石博3.jpg
偏光顕微鏡で鉱物の性質を観察できる
『石のサイエンス』のコーナー。
難しい事は分かりませんが、石の種類によって鉱物の
構成が違い、色々な色でキラキラと輝いていたので、
万華鏡を見ているように綺麗でした。
石博4.jpg
石工の技をじかに見る事の出来る
『伝統工芸士による実演』のコーナー。
「大胆かつ繊細に」とは、まさにこの事!
道具を使い分け形に彫っていく姿、かっこよかったです!
石博5.jpg
各地の伝統工芸士の方々が制作した工芸品の数々。
一つ一つ丹精込めて作られた想いが伝わってくるような
物ばかりでした。
石博6.jpg
石を使った工作や磨き作業などが体験できる
『石のワークショップ』のコーナー。
子供から大人の方まで楽しそうに作られていました!
石博7.jpg
石釜で作ったピザ、石臼で引いたコーヒーの販売コーナー。
どちらも昔からあるものですが、改めて石は色々な
使われ方で文化と繋がっていたのだなと感じました。
石博8.jpg
彫刻デザインにあかりを灯した『石あかりの小道』や
日本を代表するデザイナーの作品原画をもとに、
稲田のみかげ石を使って彫刻した
『いなだストーンエキジビション』
石博9.jpg
東日本大震災をいつまでも忘れないという
メッセージを込めて『あしたを歩く』
これは、5円硬貨などで使われる真鍮製品が被ばく量を
計測する手法であることから、持ち寄って頂いた
真鍮製品を付けて頂き、復興への祈りとともに川村町へ
届けようというコーナーで、多くのお客様の想いを
込めて頂けました。
石博10.jpg
今回ご紹介出来なかったコーナーや、ステージイベントなど
まだまだ沢山ありました。
2日間とも寒く、雨が降ったり止んだりしていた天候の中、
これだけ多くのお客様に足を止めて見て頂けたことは
感謝という言葉に尽きます。ありがとうございました。
また、これだけ大規模な石の展覧会が開催に至ったのは、
石屋の熱い想いがあったからこそです。
皆様お疲れ様でした。