北木石の匠 blog

日記

ありがたいJC繋がり

JC現役時代(40歳の12月末で卒業)には、中途半端な形で
しか活動できていなかった自分ですが、改めて感謝したい
のが、その時に出会った人たちと今も繋がっている御縁。
120919JCで授かった御縁①.jpg
写真は、OBとなってからもお世話になっているJC石材部会
現役・常任メンバーのお二人(右:寺田副部会長/福岡JC
中央:山田副専務/高松JC)です。部会の中で、100kg超級
の我々を、レスラー部会と称する方もいらっしゃいます。^^;
この度は、今月末に笠岡で開催される同部会最大イベント
の事前打ち合わせの為、はるばる笠岡まで来て頂いた上、
弊社事務所にも立ち寄ってくれた次第です。
『いのちのまつり~目に見えない大切なもの~トークライブ』
9/30(日)13時30分~16時頃まで in 笠岡市中央公民館
120919JCで授かった御縁②.jpg
山田副専務は、東日本大震災の慰霊碑(いのちの碑)を
担当されており、北木島へ渡る為に、今朝5時には笠岡
へ到着していたとか・・道の駅(かさおかベイファーム)の
記念碑が参考になれば幸いです。
120918JCで授かった御縁③.jpg
また、昨日(9/18)の笠岡RC(ロータリー)例会には、次年度
笠岡JC(青年会議所)理事長予定者の坂本君(写真左)が、
ゲストとして招かれ、ご当地の重鎮方を前に、堂々と卓話を
して引き揚げていきました。頼もしい限りですねっ!^^
諸外国と正面切って、心の通った対話ができる訓練の場が、
JC活動の中にもあるように感じる今日この頃です。