北木石の匠 blog

記録

三つの記念日(8/4)

昨日(4日)は、笠岡市そして、笠岡市民の皆さんにとって、大事な
記念すべき日となりました。遂に、道の駅『笠岡ベイファーム』が、
グランドオープンしたのです。
開店時の様子は、昨日のニュースで拝見しましたが、凄い熱気を
感じました。日本一の『道の駅』へと皆で創り上げていきましょう。
プライベートでも大事な節目の日となりました。9時からの開眼式に
間に合うよう、友を納骨させて頂きました。
110804友の納骨.jpg
友が亡くなってからのこの半年間は、奇しくも日本にとって大変な
半年間となりました。どうか先人の英霊の皆さんと共に、この国の
行く末を見守っていてください。
110804友の納骨②.jpg
思い起こせば、北木石に再び脚光が浴びたのも君のお蔭ですね。
これまでの仕事着(家業を継ぐ前)は、スーツ姿だったところから、
作業着+ヘルメットへと変わった時、それを見下す人もいました。
東京へ営業に行った際、北木石を 『中国石のニセモノ』 呼ばわり
されたこともありました。120年間も掘り続け、また、数多くの重要
文化財にも用いられ、尚且つ、外国材の生みの親でもあるのに。
また、地元の同業者においては、北木石をあまりにも軽視している
ことに驚かされました。彼らが石屋として今あるのは、この北木石
に端を発しているのでは・・
僕が大ケガをした時、親父に言われました。『お前はケガをする為
にココへ戻ったんか?』と。職人さんの為にも売り上げを伸ばそうと
現場を離れ、営業に出ている際、『お前はどこで遊んどるんや?』
と言われたこともありました。
そういった身内からも理解の得られない四面楚歌の状況だった頃
君は、こう言って僕を励ましてくれたよね。
『オジさん(ウチの親父)も、心では、鶴ちんが東京から帰ってきて
くれたことを喜んでいると思うよ。』と・・。あの時、折れかけた心に
ピーンと緊張の糸が張り直した気がしたんだよ。
110804友の納骨③.jpg
こちらは、友の四十九日法要(3/27)に参列された皆様へお配り
したもの(コースター)です。彫刻の字は、今年の年賀状に書いて
あった友の直筆です。(この度、一緒に祀らせて頂きました。)
小生なりにできることを・・と思って準備させて頂いたのですが、
ご遺族の方々が涙してくださった姿を見て、初めて、石屋という
仕事に就いて良かった・・(T_T) と思えるようになりました。
110804友の納骨④.jpg
立派なお墓は、君の愛娘が大事に大事に守ってくれるでしょう。
僕もチョイチョイ相談に来るから、これまで通り、話を聞いてね。
君が大事にしてきた友人の中には、未だ現状を受け入れられず
にいる人たちもいるから、しっかり説明してあげてよね・・
この度、友のお墓を綺麗に、HIGHグレードな墓石へと仕上げて
頂きました大川石材さんに、心より御礼申し上げます。
また、そのお墓を丁寧に抜かりなく建立してくださった坂本石材
さんにも感謝申し上げます。特に、工事初日(7/25)、雷雨の中
での対応は、大変だったですよね。
110804友の納骨⑤.jpg
墓所の目前にあるゴミ箱(市営)への目隠しには、友も満面の
笑みを浮かべてくれている事でしょう。ありがとうございました。
110725基礎工事.jpg
【Before写真】目隠し前のゴミ箱の状態で、右手が墓所です。
我々の思いが友のところまで届いたのか、突然一本の電話が
入ってきました。二年前に、『こんなステキなにっぽんが』という
番組で北木石を採り上げて頂いた担当ディレクターさんからの
お電話で、再放送の許可を確認する連絡でした。
【放送日】9/4(日)9:00~9:25 NHK BSプレミアム
皆さんに支えられて今があり、伝統継承に向け、更に気合い
の入った、北木石にとってもメモリアルな一日となりました。^^
夏季休暇のお知らせ(採石場CLOSED=2011/8/11~2011/8/17