北木石の匠 blog

日記

< パラオ共和国へ >

新年あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願いします。

 

 

昨年4月に、

パラオ共和国のペリリュー島に

北木石を使用した供養塔が建立され、

新年早々でしたが、

その供養塔に携わった方々と現地へ行ってきました。

 

 

第二次世界大戦で、多くの戦死者を出した

ペリリュー島の戦い。

 

 

日本軍、アメリカ軍の戦車や、日本軍の零戦が

当時のまま置いてあり

戦争の生々しさを肌で感じました。

 

 

戦争の爪痕を見てまわった後、この旅の

最大の目的である供養塔のある場所へ行きました。

 

 

供養塔を掃除して、御供えをしました。

 

 

この供養塔の原石を弊社採石場から出して、

日本から遠く離れたペリリュー島に

供養塔として建っているのを見て、

言葉に言い表せない感動と想いがありました。

 

 

このような素晴らしい事業に、

ほんの少しだけでも関われた事に感謝し、

今後も高品質な北木石を提供できるように

頑張っていこうと思います。

 

 

鶴田石材(株)関谷